皆様のおかげでクラファン達成しました!
ありがとうございます!
引き続きよろしくお願いします。

里親さんに譲渡した子(ライくん)がFIPを発症し里親さんは治療 をしない選択をされた為こちらで引き取り、治療を開 始しました。

致死率ほぼ100%といわれる病ですが、近年未承認薬を投薬することで寛解できる可能性があります。

その為には約70万円ほどが必要となり、現在の駆け出しの私どもの団体では賄うことが非常に難しい状況です

本来であれば、引き取ったライ君の治療費を用意することは、団体である私たちの責任です。

しかし、今多くの病気や高齢猫を抱えた私たちでは GSの費用を負担するのはとても厳しい状況です。

だからといってライくんの命を諦めることはできません。

なんとかライくんの治療を行い元気に過ごさせてあげたいと思っております。

是非ともご支援ご協力お願いいたします。

powered by crayon(クレヨン)